内科検診

内科検診の役割

日本の学校では、毎年全員を対象として内科検診が行われています。
この役割について考えてみましょう。
実際には内科検診だけを行っているわけではありません。
眼科、耳鼻科、歯科の検診も並行して実施されています。
自分の子どもが学校からの通知をもらっていることがあるでしょう。
虫歯があるので治療をしてくださいとか、視力が落ちているのでメガネを検討してくださいと言ったことです。
内科検診では心音を聴きます。
心音に雑音が混じっていると、何らかの異常があると推測されます。
もっと詳しい検査を行うことによって、本当の病気を探ることができます。
学生の時には学校の内科検診が病気を見つけるための手段として有効に働いているのです。
もちろん、内科検診だけで100%の発見ができるわけではありません。
また、最近は心臓検診も行われるようになりました。
心電図を取って詳しく調べるのです。
すべての未成年で実施するのは費用的に無理がありますから、小学1年生、中学1年生、高校1年生を対象として毎年行われています。
心臓病が見つかった場合は、将来的に学校生活を送ることができなくなる場合もあります。
もちろん、早期に心臓病が見つかることにより、適切な指導が可能となり、健康で学校生活を送ることができる可能性が高くなります。
検診を受けた人の2%程度が精密検査を受けるよう指示されると言います。
もちろん、実際の病気の人はその中のごく一部です。
ほとんどの人は問題ないのです。

 内科検診の役割 

紅葉 旅行  再就職  白髪の予防と対策  レーシック百科事典  株式投資入門  在宅ワーク  エステサロンエルセーヌの脱毛  ヒゲ脱毛  エステ体験  アイスにかけるしょうゆ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi