内科検診

内科検診と突然死

自覚できない病気を発見するには定期検診が必要です。
学校で行われている内科検診もその趣旨に沿ったものであり、突然死の原因となる心臓の異常を発見することができると言われています。
しかし、現代の内科検診では毎年100人以上の生徒が突然死で亡くなっているのです。
これは医師の技量不足もありますし、内科検診が十分ではなかった可能性もあります。
もちろん、内科検診だけですべてがわかるわけではありません。
一般的な突然死は健康な人に症状が現れるのです。
急に運動をした時、心臓にどのような負担がかかるかを予測することは不可能です。
したがって、内科検診でスポーツ時の突然死を予防することはできないのですね。
医学はどんどん発達しているのですが、内科検診の方法は昔から変わりません。
心音を聴診器で聞くことが一番の決め手なのです。
突然死は食生活と密接に関わっていると考えるのが一般的です。
欧米の食生活が日本に入ってきてから、病気が増えたのだと言われています。
食事は質素である方が、健康にはよいと言うことでしょうね。
私たちは誰も病気になりたいとは思いませんが、病院にかかりたいとも思わないのです。
検診を受けずに健康でいられたら、それが一番いいに決まっているのです。
内科検診の是非を考える時に、検診をしなかった時のことは誰も言いません。
現実的にはわからないからです。
内科検診だけではなく、人間ドックなどでもその有効性を判断するためには、長期的な評価が必要です。
人の寿命を延ばす効果の評価は、数十年の経過観察が必要だからです。

 内科検診と突然死 

紅葉 旅行  再就職  白髪の予防と対策  レーシック百科事典  株式投資入門  在宅ワーク  エステサロンエルセーヌの脱毛  ヒゲ脱毛  エステ体験  アイスにかけるしょうゆ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi