内科検診

内科検診と心雑音

学校での内科検診で心臓の異常が発見されることがあります。
医師が聴診器で心臓の音を聴いた時に心雑音が聞こえることがあるのです。
本来ならば正しいリズムの心臓の音だけが聞こえるはずです。
しかし、そこに別の音が混じっているのです。
心臓の異常は子どもの時に治療することがよい場合もあります。
放置しておけば、命に関わる事態になるからです。
さて、心雑音について詳しく説明しましょう。
大きくは2つに分けることができます。
無害な機能性心雑音と、病的心雑音です。
機能性心雑音は心臓の異常ではありませんから、放置しておいて構いません。
血液の流れが別の音を作り出しているのです。
内科検診を受ける子どもの時には胸が薄いですから、このような音が聞こえることがありますが、小学校に入るころには正常になることが一般的です。
それから、本当に心臓に異常がある時の雑音では、原因として心室中隔欠損や心房中隔欠損、動脈管開存などの病気が考えられます。
雑音の大きさと病気の重度には直接の関係はありません。
これらの病気は心臓の中に穴が開いていることになります。
血液の流れが正常ではありませんから、日常生活に支障をきたすこともあります。
心臓に異常がある場合は、日常生活を観察することでも異常とわかることが多いようです。
顔色が悪いとか、疲れやすいと言った症状が出ることが多いからです。
しかし、生まれつきに病気であっても、早急に治療をしなければならないケースとそうではないケースがあります。

 内科検診と心雑音 

紅葉 旅行  再就職  白髪の予防と対策  レーシック百科事典  株式投資入門  在宅ワーク  エステサロンエルセーヌの脱毛  ヒゲ脱毛  エステ体験  アイスにかけるしょうゆ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi