内科検診

小児科と内科検診

学校で内科検診を行うのは小児科の医師がほとんどです。
毎年何百人もの子どもたちの内科検診を実施している先生は慣れたものですね。
泣き出す子どもがいても、あやし方が上手です。
子どもの場合は年齢によって、かかりやすい病気と言うものがあります。
そのポイントをしっかりと押さえておかなければ、学校医としては失格ですね。
通常の小児科医なら問題ないでしょう。
ただし、一般の開業医でも人気のある小児科医とそうではない小児科医がいます。
同じ医師でもレベルに違いがあると言うことでしょうか。
内科検診は同じ年の子どもたちが同時に受けますから、統計的な傾向を掴むのに都合がよいのです。
日本は平和です。
そして、すべての人が健康に暮らせることが正しい社会であると考えています。
その一つの表れが小児の内科検診なのです。
幼稚園の子どもたちが内科検診を受けている様子はほほえましいですよね。
みんな体操服で、身長・体重を測ったり、胸に聴診器を当ててもらったりします。
日本人の医師のイメージが聴診器であるのは、この内科検診から来ていることは間違いないでしょう。
お医者さんと言えば聴診器と言うことですね。
思春期の女子生徒に対する内科検診をどのようにするかと言うことが、ネットでも話題となりますが、根本的な解決はありません。
医療行為とセクハラを見分ける手段がないからです。
子どもの時は可愛いのですが、成長するにしたがって可愛くなくなっていくのは、大人に近づいていくからでしょうか。

 小児科と内科検診 

紅葉 旅行  再就職  白髪の予防と対策  レーシック百科事典  株式投資入門  在宅ワーク  エステサロンエルセーヌの脱毛  ヒゲ脱毛  エステ体験  アイスにかけるしょうゆ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi