内科検診

外国の内科検診

日本の小学校や中学校では毎年内科検診が恒例となっています。
日本人は幼稚園から会社を辞めるまで、ずっと検診を受けているのですね。
もちろん、年齢に応じて検診の内容は変わってきます。
しかし、毎年、すべての人が同じような検診を受けると言うシステムは日本だけです。
アメリカなどでは、お金持ちが自分の健康を気遣って健康診断を受けていますが、一般の労働階級の人は何年も病院に行かないのだそうです。
これは国民性の違いによると考えられます。
日本には国民健康保険がありますが、外国にはそのような制度はないのです。
日本の内科検診での触診がいつも問題視されていますが、それで病気が見つかるのであれば非常に良いシステムではないかと思います。
もちろん、そのために医療費が膨れ上がり、健康保険制度が先行き不透明となっています。
どのような制度でも、メリットとデメリットがあると言うことですね。
子どもの時から、内科検診に慣れていることで、病院でレントゲンを撮ったりすることに違和感を持つ人はほとんどいないでしょう。
採血の時に腕に注射をされることを嫌がる人はいますが、それは痕が残る心配をしているからです。
内科検診だけであれば、採血はありませんから、問題ないのですね。
日本にずっと住んでいて、当たり前だと思っていたことが、実は外国にはない制度だと気づかされることはよくあります。
内科検診に限らす、社会情勢を考える時にも同じように日本と外国の比較をするとよいでしょう。

 外国の内科検診 

紅葉 旅行  再就職  白髪の予防と対策  レーシック百科事典  株式投資入門  在宅ワーク  エステサロンエルセーヌの脱毛  ヒゲ脱毛  エステ体験  アイスにかけるしょうゆ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi