内科検診

学校と保護者

学校と保護者の関係の悪化は教育の崩壊を招いていると指摘されることが多いようです。
学校の行事に口出しをする保護者が多くなってきたのです。
毎年春ごろに実施される内科検診は聴診器で胸や心臓の音を聴いたり、体の歪みがないかを確認したりするものです。
それなのに保護者から苦情が出ることがあります。
学校の内科検診の方法について保護者が苦情を言うのは、どうしてでしょうか。
同じように運動会や授業参観でも、常識のない苦情を言うのですね。
このようなニュースは現代の学校が抱える問題を象徴しています。
モンスターペアレントと言う言葉も、テレビなどで耳にします。
明らかに学校の先生に落ち度があれば問題ですが、ほとんどの場合はそうではありません。
見解の違いなのに訴えることは、自分の意見を人に押し付けているだけなのではないでしょうか。
学校の先生は生徒がお客の接客業だと言った人がいました。
ある一面では間違いではないでしょうが、それがすべてではありません。
教育の崩壊は子どもたちがもたらしているのではなく、大人が原因であることに気付かなければなりません。
これからの時代を担う若者たちをどう育てていくかは、現代の保護者や教育関係者に委ねられています。
そのことを自覚したならば、学校を訴えると言った無益な行為はなくなると思います。
子どもが学校の先生を尊敬しなくなったのは、親が先生を尊敬していないからです。
テレビなどで学校の先生が逮捕されるニュースを聞くことがあります。
これらも教育者の尊厳を失くす要因となっていることでしょう。

 学校と保護者 

紅葉 旅行  再就職  白髪の予防と対策  レーシック百科事典  株式投資入門  在宅ワーク  エステサロンエルセーヌの脱毛  ヒゲ脱毛  エステ体験  アイスにかけるしょうゆ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi