内科検診

内科検診について

日本全国の学校や幼稚園では毎年内科検診が行われています。
昔は健康診断と呼ばれていたものです。
生徒全員の健康状態を見るために行われているものです。
内科検診で病気が見つかるケースもありますから、このシステムをなくすことはできません。
日本では学校保健安全法と言う法律があります。
学校にはすべての児童生徒の健康を管理する義務があるのです。
この法律では、教師など職員の衛生についても規定されています。
日本人のすべてが、健康で長生きをしてほしいとの考えから作られた法律です。
学校や職場での健康診断で異常が見つかった場合には病院でさらに詳しい検査を行うことになります。
その結果、異常がなければ安心して生活できるでしょう。
しかし、異常があれば治療を開始しなければならないのです。
医学の発達により、これまで発見できなかった体の異常が発見されるケースがよくあります。
寿命に影響しない軽微な異常も多いのです。
これらの病気を治療することによって、検診の有効性が高められることになります。
しかし、全体としての寿命に影響しないのであれば、本当の意味での有効とはならないのではないかと考えることもできます。
つまり、放置しておいてもある程度の生存率がある病気なら、早期に発見しても結果的には同じことなのです。
早期発見で手術を受ける機会を与えられても、5年後に発病することと変わらないのかもしれません。
病気になるかどうかは、その人の運命のようなものです。
内科検診で病気が見つかったことを素直に喜ぶべきなのかは、簡単に決められませんね。

 内科検診について 

紅葉 旅行  再就職  白髪の予防と対策  レーシック百科事典  株式投資入門  在宅ワーク  エステサロンエルセーヌの脱毛  ヒゲ脱毛  エステ体験  アイスにかけるしょうゆ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi