内科検診

内科検診でわかること

学校の内科検診ではどのようなことを調べているのでしょうか。
教育に係る時間が十分ではないために、内科検診でわかることが十分説明されているとは言い難いのが現状です。
具体的な病気のことなどを紹介します。
もちろん、ここで説明することがすべてではありません。
まず、栄養状態は肥満を指摘する場合がほとんどです。
現代では栄養失調の子どもはいないからです。
幼児の肥満と児童の肥満は違います。
児童の場合は健康障害につながり、大人になっても肥満が続くのです。
背骨が歪んでいたり、曲がっていたりすることを側弯症と言いますが、これも児童の時に治療しなければならない病気です。
成長過程であれば矯正することが可能だからです。
ひどい症状の場合は心肺機能に異常が出たり、肩こりや腰痛を起こす場合もあるようです。
甲状腺腫はバセドウ病などの原因となります。
喉仏のところを触診によって検査します。
喉の奥を調べると、扁桃の状態を見ることができます。
扁桃肥大は学校の内科検診で指摘されるものの代表となっています。
肥大の程度は年齢によって異なります。
治療が必要な所見となるケースもあるようです。
内科検診で心雑音があると指摘される児童がいますが、ほとんどの場合は無害性心雑音と言われるものですから、特別に心配することはありません。
ただ、心臓弁膜症の疑いがある場合には検査が始動されるでしょう。
最近は心電図検査をすることになりましたから、心筋疾患が見つかることもあるようです。

 内科検診でわかること 

紅葉 旅行  再就職  白髪の予防と対策  レーシック百科事典  株式投資入門  在宅ワーク  エステサロンエルセーヌの脱毛  ヒゲ脱毛  エステ体験  アイスにかけるしょうゆ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi