内科検診

内科検診と教育

学校教育の重要性が認識されるようになった現代において、健康管理はどのような役割を果たしているのでしょうか。
現在の日本の学校では内科検診を始めとする生徒児童の健康管理が行われています。
学校とは計画的、組織的な教育のことです。
家庭教育や社会教育の対面に位置するものです。
学校が社会的に果たすものとして、社会の文化や価値を次世代に伝達すること、教育を通してより良い文化や生活を創出していくこと、将来に役立つ振る舞いや知識、技能を習得させること、教育に関わる経済的な利益を発生させることが学校の役割と考えられています。
ただし、現代においては家庭内教育の一部を学校に期待する人も多いようです。
つまり、学校に子どものしつけを期待しているのです。
社会情勢の変化によって、子どものことを親が把握できなくなっているのでしょう。
そのような学校において、学校保健は重要な役割を担っています。
学校保健安全法によって学校内の内科検診などが実施されています。
この法律では児童・生徒及び教職員の心身の健康増進、健康生活の実践力を養うことを求めています。
健康的な生活を営むための条件整備が必要なのです。
このような理念の元で学校給食も行われているのですね。
昔の子どもたちに比べると現代のこともはかなり健康になりました。
しかし、病気になったり、精神的な弱さを持っていたりしますから、総合的には健康だとは言えないかもしれません。
内科検診を継続することによって、子どもたちの状況を把握することができます。
それが学校教育に求められているのです。

 内科検診と教育 

紅葉 旅行  再就職  白髪の予防と対策  レーシック百科事典  株式投資入門  在宅ワーク  エステサロンエルセーヌの脱毛  ヒゲ脱毛  エステ体験  アイスにかけるしょうゆ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi