内科検診

内科検診の歴史

内科検診をメインとした学校における健康管理の歴史を紹介しましょう。
日本の学校保健は明治5年の学制制度の始まりに端を発します。
もちろん、当時の日本では高度な健康管理をしていたわけではなく、主に伝染病の予防でした。
外国との交流によりコレラなどの伝染病が深刻な問題となったからです。
学校での集団生活を行うことで、伝染病が瞬く間に広がる危険性が指摘されていたのです。
小学校入学のためには免疫を持っていることが条件とされた時期もあります。
また、伝染病予防のために学校閉鎖の規定が設けられました。
学校環境における衛生管理の重要性が認識されるようになってきたのです。
明治30年ごろになると、学校における健康管理の範囲は広がっています。
例えば、教室の換気や温度、机と黒板の距離、机・椅子のサイズなど細かく検討されています。
机や椅子を子どもの体格に合わせることは、そのころから行われていたのですね。
大正になると学校医が月2回学校を訪問する規定が設けられています。
それから内科検診の前身である身体検査は明治12年から行われています。
身長・体重・座高・胸囲・握力・肺活量などが測定されています。
学生の健康増進のための体操を学校教育として取り入れていたのですが、その効果を知ることが目的でした。
実際に子どもたちの健康管理が目的となったのは、明治30年に法制化されました。
当時は生活が貧しい子どもたちが多かったために栄養失調や貧血、脚気、結核などが注目されていました。
これらの状態を知ることによって、子どもの健康管理が強制的に行われてきたのです。
もちろん、それは子どもたちにとって良いことでした。

 内科検診の歴史 

紅葉 旅行  再就職  白髪の予防と対策  レーシック百科事典  株式投資入門  在宅ワーク  エステサロンエルセーヌの脱毛  ヒゲ脱毛  エステ体験  アイスにかけるしょうゆ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi