内科検診

内科検診と触診

内科の医師が行う内科検診では、何もわからないように感じられますが、実はそうではないのです。
触診とは医師が手で触って体の異常を確認することです。
触診によって、体内のしこりや異常な熱、硬さなどを感じることができます。
この内科検診はずっと昔から行われてきました。
医学が発達した現代でもそれは変わりません。
その理由は機械ではできない診察だからです。
レントゲンを使ったり超音波を使ったりして、体の中を調べることは人間にはできません。
その代わりに触診によって異常を見つけることができるのですね。
もちろん、医学的な知識を持っている医師でなければ病気の兆候を知ることはできません。
何気なく内科検診をやっていると思っていた人は、今度診察を受ける時にその手の動きを見てみましょう。
見るべきところは明確です。
骨の部分からどれくらいずらしたところを調べればよいのかを知っているのです。
若い医師よりも、経験豊富なベテラン医師の方が信頼性はあるでしょう。
しかし、集団検診などで経験を積むことによって、一人前の医師に育っていくのです。
万が一、病気を見逃したとしても、急激な病気の進行はありません。
毎年、同じように検診を受けているのですから、どこかで見つかることでしょう。
インターネットや健康に関する書物を見ると、自分でもできる触診のことが書かれています。
乳がんの場合の触診が一番ポピュラーかもしれません。
腹痛などの場合もお腹を触ることでいろいろわかるのだそうです。

 内科検診と触診 

紅葉 旅行  再就職  白髪の予防と対策  レーシック百科事典  株式投資入門  在宅ワーク  エステサロンエルセーヌの脱毛  ヒゲ脱毛  エステ体験  アイスにかけるしょうゆ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi