内科検診

病気と内科検診

学校で行われている内科検診は病気の早期発見が目的です。
一度だけの内科検診ですぐに見つかるとは限りませんから、毎年日本全国の幼稚園や学校で実施されているのです。
内科検診は戦後の早い時期から、生徒の健康状態を把握する目的で始められたと言われています。
もちろん、当時は十分な栄養を摂っていない子どもが多かったために、病気になってしまう子どもも少なくなかったでしょう。
現代も内科検診が行われているのですが、本当に病気が見つかる子どもの割合は減少していると言われているのです。
内科検診で見つかる病気を紹介しましょう。
まずは栄養失調です。
これは通常の子どもにはほとんどいませんね。
本当に栄養失調であれば、本人の健康面と言うよりも家庭内の事情が大きいと言えるでしょう。
それから、脊柱や胸郭の異常です。
これは背骨の歪みが原因です。
放置しておくと、頭痛や腰痛の原因となります。
あごの下のところを触診されることがあると思いますが、これは甲状腺腫の診断をしています。
貧血や黄疸の症状が見られることもありますね。
これは真の病気が潜んでいる可能性を示唆しています。
聴診器を当ててわかることは呼吸音です。
喘息や喘息性気管支炎にかかっている子どもが多いと言われています。
そのような子どもの息の音はすぐにわかるのだそうです。
学校の内科検診で異常が見つかった場合には、より詳しい検査をするように勧められます。
子どもたちが保護者宛てのプリントをもらってくるはずです。
その指導にしたがって、検査を受けることが親として大事な役割と言えます。

 病気と内科検診 

紅葉 旅行  再就職  白髪の予防と対策  レーシック百科事典  株式投資入門  在宅ワーク  エステサロンエルセーヌの脱毛  ヒゲ脱毛  エステ体験  アイスにかけるしょうゆ
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi